読経

一周忌、三回忌、七回忌……といった法事をおつとめする時、ご門徒さんの自宅でおつとめする地方も多いようですが、首都圏ではお寺で執り行うことが多いように思います。


稱名寺も例に漏れずお寺で皆さんからの法事を受けています。よく読むお経は『仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)』です。


仏教を開いたお釈迦さまは「八万四千の法門」と呼ばれるほど多種多様な教えを説かれました。浄土真宗の宗祖である親鸞聖人は、その中から『仏説無量寿経』『仏説観無量寿経』『仏説阿弥陀経』の「浄土三部経」をご自身の仏道の依り所とされています。
そのため、浄土真宗のお寺でお経を読むときは、必然的にこの3つの中から選びます。


最も短いのが『仏説阿弥陀経』です。中国の高僧である善導大師は4枚の紙におさまることから、「四紙弥陀経(ししみだきょう)」と呼んでいました。実際に数えてみると1,857文字ですから、原稿用紙でも4枚半程度です。
読経時間は人にもよりますが、15~20分くらいでしょう。

稱名寺では法事の時間を1時間前後としているので、分量的にもちょうどいいという理由で用いています。
というか、西本願寺から出版されているお経本にも必ず載っているので、多くのお寺が『阿弥陀経』で法事を勤めているはず。

僧侶だけで読経することも多いですが、『阿弥陀経』は複雑な旋律はなく棒読みなので誰でも読めます。
ただ聞いているだけでは退屈だと思うので、なるべくお経本を配布して「みんなで一緒に読みましょう」と推奨しています。


その際に配布するお経本はこちら。8月のお盆参りでお世話になっているお寺のご住職が出版しています。


このお経本の良い点はお経の現代語訳が載っているところ。現代語訳は訳者の色が出やすいので、好き嫌いは分かれるかも知れませんが、お経の内容を理解する入り口になります。


表紙にはお寺の名前を入れてもらえます。
いろいろとお経本を使ってみましたが、今のところ1番人気。法事が終わった後に「この本ください」と頻繁に声をかけられます。


内容を理解することと同じくらいに声に出して読むことも大切です。しかし、お経本を持ち帰っても、実際にどのように読めばいいのか分からないという人もいるので、CDも一緒に渡しています。


ちなみに経費削減のため全て手作りです。

合掌

前の投稿

次の投稿

2017年09月15日