浄土盂蘭盆

東京はお盆期間中です。


今年の盂蘭盆法要は三密を避けつつ執り行います。


盂蘭盆という仏事は、『仏説盂蘭盆経』に由来しています。


『盂蘭盆経』は、仏弟子である目連尊者が、餓鬼道に堕ちた母親を救済する「目連救母説話」がベースとなっています。


改めてお経を読んでみると、目連尊者の母親が餓鬼道に堕ちた理由は「罪根深結(ざいこんじんけつ)」と書かれてはあるものの、具体的には記されていません。


ところが、後代に成立されたという『浄土盂蘭盆経』という経典には、

目連尊者の母親は、過去世において布施をすることを惜しんで、嘘偽りを言った。
そのため、目連尊者の母親となった現世においても、物を惜しむ心が変わることがなく、その報いとして餓鬼道に堕ちた。

といった内容が説かれています。

ちなみに『浄土盂蘭盆経』が現存していません。

合掌

前の投稿

次の投稿

ブログ一覧

2020年07月15日